ミャンマーにおける外国資金調達取引についての実務的観点

22
Jun
2015

Share this:

ミャンマーの多くの分野の場合と同様に、現在、外国の資金調達と担保権設定を行う際、しばしば、理論と実務の間に大きな溝がある。資金調達取引を完了するためには、債権者および債務者は、適用される法律に注意を払うだけでなく、当局その他の利害関係者の実務を熟知するのが良いだろう。加えて、国際融資はミャンマーでは新しいものであるため、しばしば、ルールまたは先例が存在せず、個々のケースについて進め方を見出すため、当局および他の利害関係者との協力が必要とされる。一般的には、債権者も債務者も同様に、現時点でミャンマーにおいて資金調達取引を完了するために必要な物を過小評価する。

Share this:
Website Security Test